書籍

書籍 書籍
スポンサーリンク
書籍

お金と経済のしくみを解き明かす!『誰も教えてくれないお金と経済のしくみ』感想

『誰も教えてくれないお金と経済のしくみ』は、著者の森永康平氏がお金と経済について解説した書籍です。特に、お金について学ぶ機会がなかった社会人や活字離れしている人に向けて、図解解説で分かりやすくお金の常識を理解できるようにしています。 この感想では、書籍の特徴や読みやすさに焦点を当ててみました。図解解説が豊富であり、活字離れしている人でもスラスラ読める工夫がされている点が魅力です。お金の回り方や経済のしくみについて、理解を深めることができるでしょう。 『誰も教えてくれないお金と経済のしくみ』は、お金に対する理解を深めたい社会人や、お金のしくみを知りたい人にとって有益な一冊です。お金の流れや経済の基礎知識を身につけたい方は、ぜひこの書籍を手に取ってみてください。
書籍

日本の真実に迫る!『貧乏国ニッポン ますます転落する国でどう生きるか』感想

タイトル貧乏国ニッポン ますます転落する国でどう生きるか (幻冬舎新書)著者加谷 珪一 『貧乏国ニッポン ますます転落する国でどう生きるか』は、著者の加谷珪一氏が日本の現状について真剣に考察した作品です。 日本がますます安くなり、貧しくなっ...
書籍

街の魅力と闇を描く、『ホスト!立ちんぼ!トー横! オーバードーズな人たち』感想

『ホスト!立ちんぼ!トー横! オーバードーズな人たち』は、著者の佐々木チワワさんが慶應女子大生として歌舞伎町で暮らした経験を基に、歌舞伎町のトー横キッズや街の日常について描いた作品です。著者自身が体験したリアルな歌舞伎町の様子を知りたい方にはおすすめの一冊です。 この感想では、街の魅力と闇を描くというテーマに焦点を当ててみました。歌舞伎町には多様な人々が集まり、様々な日常が展開されています。佐々木チワワさんの実体験に基づくリアルな描写が、読者に街の魅力や複雑な一面を伝えることでしょう。 『ホスト!立ちんぼ!トー横! オーバードーズな人たち』は、歌舞伎町のリアルな姿を知りたい方や、街の魅力と闇に興味がある方にとって魅力的な作品です。ぜひ一読してみてください。
書籍

小田桐あさぎの『女子とお金のリアル』が男性にもおすすめ!お金の真実に迫る実体験からの解説

小田桐あさぎさんの『女子とお金のリアル』は、男性の私でも興味深い内容であり、お金の現実について赤裸々に解説されています。特に、お金とは何かというテーマを小田桐あさぎさんの実体験を元に解説しており、お金に関する知識を深めることができます。 小田桐あさぎさんは、理想を捨ててお金の現実について率直に語るスタイルで知られています。そのため、男性の方でも共感できる部分や学びのある内容が詰まっています。 特にAmazonプライム会員の方は追加料金なしで読むことができるので、是非とも手に取ってみてください。お金に関する理解を深めることで、生活や将来の計画に役立つ知識を得ることができるでしょう。女子に限らず、男性の方にもおすすめの一冊です。
書籍

Naokiman Showと丸山ゴンザレスが語る口にできないタブー

世の中には言葉にできないタブーが存在し、メディアでは触れることができない真実があります。そんなタブーについて、Naokiman Showと丸山ゴンザレスが率直に語る場が生まれました。 この番組では、普段メディアでは言及されないトピックやテーマについて、Naokiman Showと丸山ゴンザレスがオープンに話し合います。タブーとされる内容に触れることで、真実を知りたいというリスナーに向けて、新たな視点や議論の広がりを提供します。 メディアでは敬遠されることが多いタブーなトピックについて、本番組ではリスクを冒しても語り尽くす覚悟があります。真実を知りたい方、新たな視点や議論を求める方にこそ、この番組をお勧めします。 ただし、番組内で扱われる内容は一部のリスナーにとって衝撃的である可能性があります。そのため、真実を知りたいという強い意志を持つ方にのみ、この番組をお楽しみいただきたいと考えています。
書籍

サガン鳥栖後に佐賀之書店で出会った本に感じた現代人の課題とアドバイスの素晴らしさ

サガン鳥栖の試合後、佐賀之書店で「なぜ働いていると本が読めなくなるのか (集英社新書)」に出会い、即決で購入しました。この体験から、私が感じた現代人の課題とアドバイスの素晴らしさについてお伝えします。 確かに学生時代に比べると、自分自身の読書量は減少しているように感じます。これは現代人にとって共通の課題であり、本書がその背景や心理を分かりやすく解説してくれていることに感謝しています。 特に、本書がおすすめした映画「花束みたいな恋をした」の例により、本を読まなくなる心理を解説してくれる点は非常に興味深かったです。映画や他のメディアを通じても、読書から得られる感動や深い理解を得ることは難しいと感じることがありますが、その課題を具体的な例を挙げて理解できるのは大きなポイントです。 また、本書ではiPadで電子書籍に触れてみることをアドバイスしていますが、これも素晴らしい提案だと感じました。現代のテクノロジーを活用し、より手軽に本と触れ合うことができる方法を紹介してくれる点は、私も実践して日々の読書を充実させる助けとなっています。 佐賀之書店で出会ったこの一冊は、私にとって価値ある本となりました。現代人の読書離れや課題に向き合う際に、是非とも本書を手に取ってみていただきたいと思います。
書籍

シン・スタンダード:世界の常識と日本の働き方改革

タイトルシン・スタンダード著者谷口たかひさ 谷口たかひさ氏の『シン・スタンダード』は、日本の常識にとらわれることなく、世界の常識を分かりやすく解説した書籍です。 日本に住んでいると、日本の働き方や文化に固執しがちですが、本書を読むことで世界...
書籍

タブーを打破する一冊―『政治とワクチン』

タイトル政治とワクチン著者長尾和宏 『政治とワクチン』は、世の中に存在する絶対に触れてはいけないタブーに焦点を当てた書籍です。 このタブーはメディア報道されることがなく、一般の人々がその存在を知ることは困難です。 しかし、本書を読むことでコ...
書籍

フェイクと現実のはざまで―『全員“カモ”: 「ズルい人」がはびこるこの世界で、まっとうな思考を身につける方法』書評

タイトル全員“カモ”: 「ズルい人」がはびこるこの世界で、まっとうな思考を身につける方法著者ダニエル・シモンズ 『全員“カモ”: 「ズルい人」がはびこるこの世界で、まっとうな思考を身につける方法』は、現代社会におけるフェイクと現実の間で揺れ...
書籍

政府の呼びかけと個人の選択―『国民の違和感は9割正しい (PHP新書)』

タイトル国民の違和感は9割正しい (PHP新書)著者堤未果 『国民の違和感は9割正しい (PHP新書)』は、政府が行うNISA(少額投資非課税制度)やマイナンバーカードの普及に対して、個人が持つ違和感や疑問を堤未果さんの視点から深く掘り下げ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました