2024-05-29

スポンサーリンク
ドラマ・映画

感動の実話、『僕達は世界を変えることができない』感想

向井理初主演の映画『僕達は世界を変えることができない』は、カンボジアに学校を建てる医学生たちの実話を基にした感動的な物語です。この映画は、カンボジアに旅行したことがある方には特におすすめです。ポルポト政権の悲惨さとその後の傷が生々しく描写され、観る者の心に深く響きます。 映画の中で特に印象的だったのは、「カンボジアの子供たちに1ドル渡して世界が変わるか。変わるわけないだろ。俺たちは大きな問題を抱えてしまった」というセリフです。この言葉は、現地の厳しい現実と自分たちの無力感を痛感させられる場面であり、観る者に強いインパクトを与えます。 この作品を通して、カンボジアの歴史や現状について深く考えさせられます。医学生たちの挑戦や葛藤、そして彼らが感じる希望と絶望がリアルに描かれており、感動とともに社会問題についての理解を深めることができます。 『僕達は世界を変えることができない』は、実話に基づいた感動的な物語であり、カンボジアに関心がある方や社会貢献に興味がある方にとって必見の映画です。ぜひ、ご覧ください。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました